シワやほうれい線に効くおすすめ化粧品 | シワ・ほうれい線を改善する!アラフォー女性のスキンケア対策室ーりんくるらぼー

「シワやほうれい線に効くおすすめ化粧品」の記事一覧

本当はスキンケアは必要ない!?この2つをおさえておけば、シンプルなスキンケアでOK!

シワやほうれい線に効くおすすめ化粧品

スキンケアは必要ない!?この2つをおさえておけば、シンプルなスキンケアでOK!スキンケアの基本は、保湿とバリア機能をつかさどる「角質層」を整えることです!なぜなら、現代使われている化粧品の成分は、角質層までしか届かないので、角質層までのケアしかできないから・・・とのことです。最近は、角質層より先に成分が届くような化粧品も開発されているそうですが、まだ未知数のため、使用は控えめにした方が良さそうです。

シワ、たるみ、シミ、毛穴、くすみ・・・皮膚トラブルケース別、美容液・クリームに使われる有効成分は?

シワやほうれい線に効くおすすめ化粧品

美容液・クリームに使われる有効成分は? シワ、たるみ、シミ、毛穴、くすみ・・・様々な皮膚トラブルは、加齢とともに増加します。どんな成分が配合された美容液を使ったら、それらを改善することができるかを知り、自分の肌にあった、正しいスキンケアをしたいですよね?そこで、今回は、シワ、たるみ、シミ、毛穴、くすみなど、それぞれ症状を改善するための成分をピックアップしました。1.おでこ・眉間・目尻などのシワ ・セラミド

どんな化粧水を選べばいいの?ビタミンC誘導体・セラミド入りの化粧水で、シワ・たるみ・毛穴・シミ・ニキビを改善!

シワやほうれい線に効くおすすめ化粧品

私はやっぱり保湿でペッタリの前に化粧水を使いたいと思っています。化粧水として使える有効成分を調べてみました。1.「ビタミンC誘導体」入りの化粧水 シワ・たるみ・毛穴・シミ・ニキビに効くと言われている、かなり万能な成分です!化粧水との相性もバツグンです!2.「セラミド」入りの化粧水 肌の乾燥を防ぐ、最も重要な成分と言われています。

アトピー性皮膚炎などの肌荒れのときに化粧品を使っても大丈夫?

シワやほうれい線に効くおすすめ化粧品

アトピー性皮膚炎など肌が荒れてしまった状態で、化粧品を使ったら、しみたり、悪化しそう・・・化粧品がつけない方が良さそうだけど、すっぴんで外出は嫌かも・・・・って、なりますよね?本当に化粧品は使ってはいけないの?という、疑問がわきあがり、調べてみることにしました。

無添加・オーガニック化粧品は体に良いといわれているけど本当なの?

シワやほうれい線に効くおすすめ化粧品

果たして、本当に無添加やオーガニックのものは体に良いのでしょうか? そりゃあ、人工的に作られたものより、自然からとれたものが一番でしょう? なんて、思ってしまいますよね?決して、無添加やオーガニックが体にとって安全とは言い切れないということでした。もちろん、安全なもの、健康的なものはあります。しかし、人によっては、オーガニックでアレルギーが出てしまう可能性はあるそうです。ところで、そもそも「オーガニック」って何?という話なのですが・・・

プチプラ(低価格)コスメと高価なコスメの上手な使い分けの仕方は?

シワやほうれい線に効くおすすめ化粧品

できれば、コスパ良い、安価なコスメを選びたいですよね?そこで、どのコスメなら安価なもので良いか?どのコスメは高価である方がいいのか?それを調べてみたいと思います。なるべくシリーズとなっているものは、シリーズで揃えた方が良いといえます。ですが、コストが高くなってしまいますので、もしコスパを考えた化粧品選びをしたい場合は、以下のように選ぶと良いそうです。

乾燥肌・脂性肌・混合肌、どれに合わせた化粧品を使えばいいの?

シワやほうれい線に効くおすすめ化粧品

乾燥肌・脂性肌・混合肌、あなたはどのタイプですか?ところで、これらの肌タイプはある特徴があります。それは、良く言われている「Tゾーン」と、「Oゾーン」というものです。・Tゾーンとは?おでこ、鼻、あごの、丁度T時となっている部分です。とくに、皮脂の分泌が盛んな部分です。・Oゾーンとは?目のまわり、口のまわりの部分です。皮脂腺が発達していないので、乾性肌です。

化粧品の正しい使い方とは?

シワやほうれい線に効くおすすめ化粧品

普段どのように化粧をしていますか?量は感覚的、コットンを使用したり、手で塗ってみたり・・・様々だと思います。実は、この使用方法も重要で、正しい使い方をすると、さらに化粧品の効果が高まります。化粧品を正しく使う方法は、化粧品やパンフレットに書かれている説明通りに行うことです。

化粧水・乳液・美容液・オイル・クリームを使い分けてシワを改善する方法!

シワやほうれい線に効くおすすめ化粧品

化粧水・乳液・美容液・オイル・クリームなど、基本となる化粧品、いわゆる基礎化粧品はいくつかあります。みなさんは、普段どのように使い分けをしていますか?肌の質、シワやたるみ、シミなどそれぞれのケースに合わせたものを購入すると思いますが、種類が増えると、使い分けが難しくなってきます。人それぞれ、悩みが違うので、それぞれのケースにあった使い分けをする必要があります。

ページの先頭へ