唇の荒れ・唇のシワを改善する方法

 

そもそも、唇にはシワあるのでは?と思われる方も多いと思いますが、年をとると唇もシワの数が増えていきます。

リップのぬれ具合も悪くなり、プルプルの唇ではいられなくなってしまいます。

唇も目元や口元と同様、シワの対策が必要となっていきます。

 

乾燥する季節になると、唇が荒れてしまうなんていう方も多いのでしょうか?

唇の荒れは、シワになる原因になります。

唇が荒れている方は、まず、荒れを治すことからはじめることが先決です。

 

唇は、他の皮膚より薄く、すぐに皮むけを起こしてしまったりする、敏感な部分です。

唇は、荒れやすく、誰にでもなりやすい部分と言っても良いと思われます。

他の皮膚は、それほどでもないのに、唇はひどくガサガサになってしまったりするので辛いですよね・・・

唇のケアをして、唇の荒れ・シワをなくしていきましょう(^^)

 

唇の荒れ・シワの原因

唇が荒れる原因には、以下のようなことがあげられます。

 

1.季節による乾燥

とくに、冬は乾燥しやすい季節です。

唇がガサガサ荒れてしまい、シワの原因となってしまいます。

 

2.紫外線

紫外線も、皮膚のうすい唇にとっては、かなり刺激が強いものです。

 

3.マスクをすることによるこすれ

風を引いたり、花粉症の季節には必需品ですよね。

しかし、使い続けているとこすれて、荒れてしまうこともあります。

 

4.睡眠不足

睡眠が不足すると、体調を崩しやすくなり、唇の荒れやシワの原因になります。

 

5.ストレス

こちらも、ストレスによる体調不良により、唇の荒れ・シワの原因となります。

 

6.栄養不足

十分な栄養がとれていないと、体調不良を引き起こし、唇の荒れやシワの原因となります。

 

7.唇をなめる・手で触る癖がある

唇をなめる癖がある場合は、かえって唾液により蒸発を促し、乾燥してしまうため、唇の荒れ・シワの原因になってしまいます。

また、手で触れる癖を直すことにより、雑菌が付着し、唇の荒れの原因となってしまいます。

 

唇の荒れを治す方法

1.乾燥を防ぐ

湿度が低くなったら、加湿器などで、湿度を上げ、乾燥を防ぎましょう。

ただし、直接スプレーをして潤いを与えようとすると、水分の蒸発とともに、唇の水分も蒸発させてしまいます。直接ふきかけないようしましょう。

 

2.紫外線を防ぐ

UVケア用のリップを利用するなどして、紫外線から唇を守りましょう。

また、リップは頻繁にしなくてもよいといわれている場合もありますが、飲み物を飲んだり、食事などでリップがとれてしまうことがあります。そのタイミングで良いので、リップを塗ることをおすすめします。

 

3.唇をなめる癖を直す

唇をなめる癖がある人は、唇をなめる癖を直すことで、乾燥をなくし、唇の荒れを改善することができます。

 

4.マスクによるこすれを防ぐ

マスクの下にローションを含ませたガーゼをする方もいますが、長時間の使用は、唇のふやけによるシワの原因にもなる可能性があるようです。

なるべく、マスクは、長時間使用をさけ、花粉やほこり・人混みなどのない場所で、こまめに外すようにすることをおすすめします。

 

5.体調不良を防ぐ

十分な睡眠・バランスの良い食事・運動などを行い、規則正しい生活を送り、体調不良を防ぐことが大切です。

また、ストレスの多い環境にいる場合は、ストレスを解消し、体調を悪化させないことも、唇の荒れやシワにならないために重要です。

 

唇のケア方法

1.唇をお湯でやさしくふきます。

2.できれば保湿成分が入ったリップを唇にぬります。

3.唇より少し大きめの大きさでカットしたラップで唇を包みます。

4.3分ほどしたら、ラップをはずします。

広告